体臭を予防するにはどうしたらいいのでしょうか。

体臭とは、汗のニオイだと思っている人が多いのではないでしょうか。実は健康的な汗は、ほとんどニオイがありません。

汗自体にニオイがあるのではなく、汗をかいた後にそのまま放置された汗が肌にある細菌によって分解される事でニオイが発生しているのです。

体臭を予防するなら、この細菌が繁殖しないようにすればいいのです。また、汗が付いた衣類もそのまま放っておくと、そこから異臭が出てしまうことがあります。

いつも清潔な衣服を身に付けることで、このニオイを防ぐことができます。ニオイのついた服を洗濯する時には、洗剤や漂白剤に十分に漬け込んでから洗うことで、殺菌効果を発揮します。

衣類に漂白剤を使うことに抵抗がある場合は、重曹を使うことで十分に消臭効果を得ることができます。生乾きの洗濯物は、それがニオイの原因となる場合もありますので、十分に乾燥させるようにしましょう。

生活習慣で汗の臭いを抑えることができる

汗が臭ってしまう場合には、体の中に問題がある場合があります。そのような時には生活習慣を改めることで体臭を抑えることができます。

まずは、食生活です。油分の多い食事はできるだけ抑え、野菜を中心とした食事を意識することで体臭を抑えることができます。

和食中心のメニューが効果的です。

また、喫煙やアルコールの飲み過ぎなども体臭の原因になります。ストレスを多く感じている場合は、ストレスが体臭の原因となることもあります。できるだけリラックスした時間を作り、ストレスを解消することで体臭が治ります。

適度に汗をかくことで汗の臭いを抑えることも出来るのです。体に負担のないウォーキング などの有酸素運動を取り入れることで、汗の匂いをなくすことができます。